上級英語専攻の英語力|国際交流に必須な英語力|短期間で学べるスクール選び
女の人

国際交流に必須な英語力|短期間で学べるスクール選び

上級英語専攻の英語力

男女

TOEIC735点が目安

日本外国語専門学校の最難関クラスである「上級英語専攻」は、どの程度の英語力があれば入学できるのでしょうか。評価基準としてTOEICを用いるとすれば、735点が入学時の目安と言えるでしょう。入学時からTOEIC満点クラスの人もいますが、平均的には600から800点の人が多いです。上級英語専攻は日本外国語専門学校の中でも特別に高度な英語を学びます。授業はもちろんすべて英語で、膨大な量の文献を読み、毎日のようにレポートを書いて提出する必要があります。またディスカッションやプレゼンテーション、カンバセーションなどのクラスもあり、一日のうちにリーディング、スピーキング、ライティング、リスニングと総合的な英語学習を高いレベルで行うのが特徴です。

充実のバックアップ体制

日本外国語専門学校は海外への留学を目的とした生徒に対するバックアップが充実しています。大学情報、現地情報からTOEFL対策、奨学金情報など、留学に必要な全ての情報が手に入ります。また上級英語専攻には、海外名門大学を卒業した講師が揃っており、大学入学後のリアルな情報なども聞くことが出来るでしょう。例えば、海外の大学は入学した後が厳しいと言われますし、大学院では一日に何冊も本を読まなければ課題をこなせないと言われるほどです。そのような厳しい大学時代を、講師たちはどのように過ごしてきたのかを聞くことで、留学の不安材料を取り除くことも出来るでしょう。また日本外国語専門学校には他にも多くの学科があり、英語以外の外国語を学ぶことも可能ですし、ファッションやビジネス、観光についてなど幅広く学ぶことが出来ます。そのためホテル業やグランドスタッフを目指す方にもお勧めしたい学校と言えます。さらに日本外国語専門学校は奨学金制度も充実していて、多くの学生が授業料の一部免除を受けることができます。興味のある人は是非参考にしてみてください。